终战诏书 百科内容来自于: 百度百科

《终战诏书》是日本昭和天皇裕仁在第二次世界大战末期签署表示接受美、英、中、苏四国在波茨坦会议上发表的《波茨坦公告》,同意进行停战协议的诏书。诏书于1945年8月15日播放,这被看作是日本正式接受波茨坦公告,宣布终止战争的标志。

诏书概述

内容概要

日语原名:大东亜戦争终结ノ诏书
假名:だいとうあせんそうしゅうけつのしょうしょ
诏书主要由当时日本首相铃木贯太郎起草,迫水久常、川田瑞穗、安冈正笃执笔完成,其他内阁大臣亦曾参与修订。为了争取免除天皇裕仁的战争责任以及保护日本天皇制,也包括试图减少国内强硬派引发危机的可能。诏书在措辞上采取了诸多手段,诸如模糊化日本发动的侵略战争的实质;规避日本对亚洲诸国的战争责任,只将对象限制在美、英两国;且将裕仁作为日本军队最高统帅的责任转嫁给日本政府。

诏书宣读

诏书在1945年8月14日由昭和天皇亲自宣读并录音,次日通过NHK电台广播,这是日本天皇的声音首次向日本普通公众播出,天皇的录音被称为“玉音”,“放送”是日语“广播”的意思,故称“ 玉音放送”(假名:ぎょくおんほうそう罗马字:Gyokuon-hōsō。

决定终战

在1945年8月10日,日本内阁与天皇裕仁经过8月9日的御前会议,最终当日凌晨6时由日本政府照会中立国瑞士瑞典驻日大使将日本决定投降的消息传达给两国政府,并经过他们将电报送到中、苏、美、英四国政府。这是最早透露日本投降的意图。不过主战派的少壮军官在东京制造假消息,试图掩盖这一事实。于是日本外务省大臣重光葵在清晨7点30分亲自在电台中宣布了这一消息。但实际上由于日本最高元首天皇尚未公开接受《波茨坦宣言》,参加对日作战的美国、苏联、中国依然没有停止他们的军事活动。但世界各国基本上都在第一时间得到了日本政府表示投降的消息。

“玉音放送”过程

日本昭和天皇裕仁在他的办公室内录制《终战诏书》。虽然裕仁天皇已经在10日下令结束战争,但包括陆军相阿南惟几、参谋长梅津美治郎、神风特攻队军团长大西泷治郎尾西等强硬派与日本前内阁首相吉田茂、外相重光葵、内大臣木户幸一等主和派依然没能就投降的相关事宜达成一致。
8月14日上午10时30分,天皇召开了最后一次御前会议,面对依然没有达成共识的主战、主和派,裕仁决定下令停止争吵,并要求内阁首相铃木起草诏书,准备结束战争。最终《终战诏书》完笔,其中一份送呈天皇,决定于8月15日将诏书公告世界。天皇在子夜时分来到他的办公室进行诏书的录音,于凌晨1时时分结束录音。由于内大臣木户幸一得到了陆军部有人策划叛乱的消息,下令将录制好的唱片藏匿起来。
8月15日凌晨,为终止裕仁天皇终战诏书的放送,陆军军官竹下正彦、椎崎二郎等叛乱军官杀掉了近卫师团长森赳中将,并假借近卫师团长的名义发布军事动员令,并一度控制了皇室宫殿。但他们还没有找到唱片,东部军(负责日本关东地区国防事务的日本陆军)田中静一大将便平息了叛乱(有说法是裕仁天皇出面解决了叛乱),而叛乱的首谋大多以自杀告终。12时,广播员和田信贤向听众放出整点报时后,“玉音放送”在日本广播协会的放送室播放。

较详细流程

日本天皇宣读的《终战诏书》

日本天皇宣读的《终战诏书》

正午12时整点报时。和田信贤:“现在即将广播重大事项。请全国听众朋友起立。”(只今より重大なる放送があります。全国聴取者の皆様御起立愿います。)下村宏(当时日本情报局总裁):“天皇陛下即将亲自对全体国民宣读重大诏书。现在开始播送玉音。”(天皇陛下におかれましては、全国民に対し、畏くも御自ら大诏を宣らせ给う事になりました。これよりつつしみて玉音をお送り申します。)演奏日本国歌《君之代》。播放“玉音盘”。再次演奏《君之代》。下村宏:“天皇陛下的玉音已恭敬地播送完毕。”(谨みて天皇陛下の玉音放送を终わります。)和田信贤:“现在开始恭敬地宣读诏书。”(谨んで诏书を奉読いします。)和田信贤宣读《终战诏书》,内容与“玉音盘”相同。和田信贤:“诏书已恭敬地宣读完毕。”(谨んで诏书の奉読を终わります。)和田信贤播报一连串有关终止战争的新闻,以下标题是同盟通信社提供的新闻稿的标题:《首相告示》(内阁告谕):1945年8月14日,日本首相铃木贯太郎的讲话。《不忍再目睹国民被战火击毙 天皇陛下裁示重建和平》(これ以上国民の戦火に毙れるを见るに忍びず=平和再建に圣断降る=):叙述1945年8月9日御前会议情景。《交换外交文书的要旨》(交换外交文书の要旨):昭和天皇签署表示以“不损害天皇的大权与君主地位”为前提的《波茨坦公告》。《一度透过苏联协商终止战争 同时维护与确保国体》(一度はソ连を通じて戦争终结を考究=国体护持の一线を确保=):战争局势恶化,透过苏联协商终止战争却失败,最后接受《波茨坦公告》。《为万世开太平 倾全力于将来之建设》(万世の为に太平を开く 総力を将来の建设に倾けん):昭和天皇决定终止战争。《波茨坦公告》(ポツダム宣言):《波茨坦公告》要旨。《开罗宣言》(カイロ宣言):《开罗宣言》要旨。《接受共同宣言 大诏发挥重建和平的功能》(共同宣言受诺=平和再建の大诏涣発=):塑造日本国民终止战争的意志。《紧张的一星期》(紧张の一周间):1945年8月9日至1945年8月14日,各个重要会议的开会过程。《预告播送铃木首相讲话》(铃木総理大臣放送の予告):预告将于1945年8月15日14时播送以《拜读大诏》(大诏を拝し奉りて)为题的新闻,后者实际内容是铃木内阁总辞。

影响和争议

玉音放送是日本绝大部分民众第一次听到被神化为天皇的国家最高元首的声音,在播放后包括陆军相阿南惟几、航空技术部总长偎部正美等34名将官切腹自杀。几乎是在播放后同一时间,太平洋战场的战争几乎就结束了。
而在亚洲陆上战场,日本军队与各地武装力量的冲突并没有完全停止。在中国,中国国民党、中国共产党以及在东北的苏联出于各自不同的政治需要继续向当地日军进攻。直到9月2日日本代表在美国战列舰密苏里号上签字才算结束。
关于第二次世界大战在日本究竟是投降还是终止战争都在日本是一个受争议的话题。此外由于各种原因,反法西斯同盟国4大国家均接受了终战诏书,并保留了天皇制

诏书文本

《终战诏书》全文是以日文文言文写成。当时天皇朗读《终战诏书》时,庶民难以理解其内容。
兹附上日文原文与汉文译文如后。其中中文版本由铃木贯太郎内阁委托汉学家川田瑞穗起草。

中文版

惟天下之大势,睹本朝之现状,欲取非常之措施,收拾时局。兹布告天下:朕已谕令廷臣通告美、英、支、蘇四国,愿受诺其共同宣言。
朕纘承洪绪,锡福生民。曩者,本朝传檄四方、战与英美,本求社稷於亿万斯年之举,兼定东亚安宁平和之意。至如毁别国之宗社、夺领邦之故土,悉非朕意。今征伐已历四载,虽我将兵骁勇善战,百官有司励精图治,一亿众庶奉公体国,然时局每况愈下,失势之徵已现。及今,夷军弹石之残虐,频杀无辜,惨害生灵,实难逆料。如若征伐相续,则我生民不存於世,被发左衽之期重现;如此,则朕何以保全亿兆赤子、何面目复见列祖列宗乎?此朕所以敕令廷臣接受联军之诰者也。
至若同事业之盟邦,朕遗余恨也。然念及臣工黔首曝屍於沙场,忠志之士殉国於内外,遗属之状恸天,朕五脏为之俱裂。而残喘之生民,或负战伤、祸难,或失家业、生计,朕所视之,深为轸念。故日後国朝所受之苦非常,臣民衷情之表胜往;虽时运之所趋,然朕欲忍所难忍、耐所难耐,以开太平於万世。
朕於兹得护国体,赖尔等忠良之精诚,并与臣民之同在。若夫为情所激、妄滋事端,或同胞相煎、扰乱时局,何至迷途於大道、失信於天下哉?斯之谬误,朕当深鉴。今诚宜举国一家,子孙相传,信神州之不沉,保家国於不灭,念任重而道远,倾全力於建设,笃守道义,巩固志操,誓必扬国体之精华,期同步天下之进化。於嚱,咨尔多方,宜悉朕意。

日文原版

朕深く世界の大势と帝国の现状とに鉴み、非常の措置を以て时局を収拾せむと欲し、兹に忠良なる尔臣民に告ぐ。
朕は帝国政府をして米英支苏四国に対し、其の共同宣言を受诺する旨、通告せしめたり。
抑々、帝国臣民の康宁を図り万邦共栄の楽を偕にするは、皇祖皇宗の遗范にして朕の拳々措かざる所、曩に米英二国に宣戦せる所以も、亦実に帝国の自存と东亜の安定とを庶几するに出て他国の主権を排し、领土を侵すが如きは固より朕が志にあらず。然るに交戦已に四歳を阅し朕が陆海将兵の勇戦、朕が百僚有司の励精、朕が一亿众庶の奉公各々最善を尽くせるに拘らず、戦局必ずしも好転せず。世界の大势、亦我に利あらず、加之敌は新に残虐なる爆弾を使用して频りに无辜を杀伤し惨害の及ぶ所、真に测るべからざるに至る。而も尚、交戦を継続せむか、终に我が民族の灭亡を招来するのみならず、延て人类の文明をも破却すべし。斯の如くむば、朕何を以てか亿兆の赤子を保し皇祖皇宗の神霊に谢せむや。是れ、朕が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり。
朕は帝国と共に终始东亜の解放に协力せる诸盟邦に対し、遗憾の意を表せざるを得ず。帝国臣民にして戦阵に死し、职域に殉し、非命に毙れたる者、及び其の遗族に想を致せば五内为に裂く。且、戦伤を负ひ、灾祸を蒙り家业を失ひたる者の厚生に至りては、朕の深く轸念する所なり。惟ふに今後、帝国の受くべき苦难は固より寻常にあらず。尔臣民の衷情も、朕善く之を知る。然れども、朕は时运の趋く所、堪へ难きを堪へ、忍ひ难きを忍ひ、以て万世の为に太平を开かむと欲す。
朕は兹に国体を护持し得て、忠良なる尔臣民の赤诚に信倚し、常に尔臣民と共に在り。若し夫れ、情の激する所、漤に事端を滋くし、或は同胞排挤互に时局を乱り为に大道を误り、信义を世界に失ふが如きは、朕最も之を戒む。宜しく挙国一家子孙相伝へ、确く神州の不灭を信じ、任重くして道远きを念ひ、総力を将来の建设に倾け、道义を笃くし志操を巩くし誓って国体の精华を発扬し、世界の进运\に後れざらむことを期すべし。尔臣民其れ克く朕が意を体せよ。
御名御玺
昭和二十年八月十四日

现代日语译文

私は深く世界の大势と日本の现状について考え、非常の手段によってこの事态を収拾しようと思い、忠义で善良な国民に通告する。
私は日本政府に米国、英国、中国、ソ连に対してポツダム宣言を受け入れることを通告させた。
そもそも日本国民の安全を确保し世界の国々とともに栄えることを喜びとすることは、先祖から行ってきたことであって、私もそのように努力してきた。先に、米国英国に宣戦布告した理由も、日本の政治的経済的自立と东亜の安定を愿ってのものであって、他国の主権を侵害したり、领土を侵犯したりするようなことは、もちろん私の意志ではない。しかしながら、四年间の戦争で、われわれ陆海军将兵の勇敢な戦闘や、官僚氰务员の勤勉、一亿国民の努力、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦争における状况は芳しくなく、世界の情势も我々には不利に働いている。それだけではない。敌は、新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使用して、何の罪もない非戦闘员を多く杀伤し、その被害はまったく図り知れない。それでもなお戦争を継続すれば、最终的には日本民族の灭亡を招き、そうして人类文明も破壊されることになってしまうだろう。このような事态になったとしたら、私はどうしてわが子とも言える多くの国民を保ち、先祖の霊に谢罪することができるだろうか。これこそが政府にポツダム宣言に応じるよう命令した理由である。
私は日本とともに终始、东亜の植民地解放に协力した友好国に対して、遗憾の意を表せざるを得ない。日本国民で戦场で没し、职场で殉职し、悲惨な最期を遂げた者、またその遗族のことを考えると体中が引き裂かれる思いがする。さらに戦场で负伤し、戦祸にあい、家や职场を失った者の厚生については、私が深く心配するところである。思うに、これから日本の受けるであろう苦难は、いうまでもなく大変なものになる。国民の负けたくないという気持ちも私はよく知っている。しかし、私はこれから耐え难いことを耐え、忍び难いことを忍んで将来のために平和を実现しようと思う。
私は、ここに国体(天皇制)を守り通して、忠义で善良な国民の真心を信頼し、いつも国民とともにある。もし、感情的になって争い事をしたり、国民同士がいがみあって、国家を混乱に陥らせて世界から信用を失うようになることを私は犟く悬念している。 国民よ、どうか団结して子孙ともども固く、神国日本の不灭を信じ、道は远いが责任の重大さを自覚し、総力を将来の建设のために倾け、道义心や志操を固くして、日本の栄光を再び辉かせるよう、世界の动きに遅れないように努力しなければならない。あなた方国民はどうか私の気持ちを酌んで理解してほししい。
天皇の署名と印玺(ぎょめいぎょじ
昭和二十年八月十四日
$firstVoiceSent
- 来自原声例句
小调查
请问您想要如何调整此模块?

感谢您的反馈,我们会尽快进行适当修改!
进来说说原因吧 确定
小调查
请问您想要如何调整此模块?

感谢您的反馈,我们会尽快进行适当修改!
进来说说原因吧 确定